所沢市 狭山ヶ丘 耳鼻科 耳鼻咽喉科 睡眠時無呼吸症候群 いびき 禁煙外来 花粉症 アレルギー
舌下免疫療法 田中耳鼻いんこう科

〒359-1163 所沢市西狭山ヶ丘1-3118-11

TEL:04-2948-1166

 

ホーム医院案内院長あいさつ診療案内アクセス

contents

contents

田中耳鼻いんこう科 携帯ホームページ


<認定番号 JM03007-121025 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

トップページ»  診療案内»  中耳炎

中耳炎

中耳の病気

急性化膿性中耳炎

耳の病気

急性化膿性中耳炎は、病原菌が中耳に入り込み、炎症を起こした状態です。

多くは風邪をひいた後などに、病原菌が耳管(耳と鼻の奥をつなぐ管)から入り込んで感染します。炎症が強くなると鼓膜は赤くなり痛み始めます。
また、中耳に膿が貯まってくると鼓膜が腫れ痛みが強くなります。ひどいと鼓膜に穴が開き、そこから膿が流れ出てきます(耳漏)。

治療は、基本的には抗生剤の内服を行います。耳漏を認めるときは丁寧に耳処置、鼓室処置を行い、点耳液を使用します。
鼻ノドの病原菌が原因なので、鼻水が汚い時やノドがいたい時は、そちらの治療も合わせて行います。

 
 

鼓膜チューブ挿入術

中耳炎により鼓膜の奥に貯留した液がなかなか排出しない場合や炎症が強く内耳障害を来たすような中耳炎の場合は、鼓膜に中耳と外耳をつなぐ管(鼓膜チューブ)を挿入します。鼓膜チューブは、鼓膜に留置するとても小さな管です。

鼓膜をわずかに切開して片耳または両耳に鼓膜チューブを入れます。鼓膜チューブによって痛みや難聴が起こることはほとんどありません。

鼓膜チューブ挿入術は、比較的安全で簡単な手術で術自体は5分もかからず終了します。成人の場合は、一般外来で行うことが出来ます。しっかりと麻酔をして行うため痛みはほとんどありません。お子さんの場合も患児の協力が得られれば十分外来で行えますが、難しい場合は全身麻酔をかけて行うことになります。一度挿入した鼓膜チューブはしばらくの間、挿入しておきます。その後、自然に脱落してしまう場合とそのまま、鼓膜に挿入された状態で安定している場合があります。

この場合、時機を見てチューブを抜去しますが、鼓膜にチューブが入っていた場所に穴が残ることがあります。その穴は、鼓膜穿孔閉鎖術や鼓膜形成術を行って閉鎖することになります。

 

中耳についてのQ&A

急性化膿性中耳炎になったらお風呂やプールはどうしたらいい?
プールやお風呂に入れるかどうかは状態によって医師が判断します。詳しくは診療時にご相談下さい。

鼓膜を切開したら、耳が聞こえなくなりませんか?
鼓膜切開によって、聴力に支障をきたすことは基本的にはありません。切開にて中耳に溜まった水を取り除くため、通常は聞こえが良くなります。ただし、難治性の中耳炎の場合、何度も切開を繰り返すことにより鼓膜が不可逆的な変化をきたし、難聴になることがあります。切開の必要性があるかどうかは医師の判断によります。

中耳炎を繰り返すと耳の聞こえが悪くなるって本当ですか?
小さいお子様は中耳炎を何度も繰り返すことがありますが、適切な治療できちんと治せば難聴が生じることはありません。耳の痛みを訴えなくなったからといって治療を途中でやめると、中耳炎が慢性化し難聴の原因となります。完治するまで治療しましょう。


 
pagetop