所沢市 狭山ヶ丘 耳鼻科 耳鼻咽喉科 睡眠時無呼吸症候群 いびき 禁煙外来 花粉症 アレルギー
舌下免疫療法 田中耳鼻いんこう科

〒359-1163 所沢市西狭山ヶ丘1-3118-11

TEL:04-2948-1166

 

ホーム医院案内院長あいさつ診療案内アクセス

contents

contents

田中耳鼻いんこう科 携帯ホームページ


<認定番号 JM03007-121025 マークをクリックすれば、認証情報が確認できます。

トップページ»  診療案内»  耳の病気

耳の病気

耳の病気
外耳: 耳垢栓塞、外耳炎、外耳道湿疹など
中耳: 急性化膿性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎術後処置など
内耳: めまい、難聴、耳鳴など

の治療を行っています。

特に中耳炎に対してはなるべく鼓膜を切らない方針で治療を行っていますが、難治性の場合や内耳障害を伴う場合には鼓膜切開術や鼓膜チューブ挿入術を行っています。

 

外耳の病気

 

耳垢栓塞

耳垢栓塞(じこうせんそく)とは、耳垢(みみあか)がかたまりになって、耳の穴を塞いだ状態です。
耳垢は、耳垢腺からの分泌物や耳の中で剥がれ落ちた古い皮膚、空気中のホコリなどを含んでいます。耳掃除を怠ると、耳垢が耳の穴をふさいでしまいます。逆に、耳掃除をしすぎて耳垢を耳の奥に入れてしまうのも耳垢栓塞の原因です。また、プールやお風呂などで耳に水が入ることで耳垢がふやけ、穴を塞いでしまうことでも起こります。
耳垢栓塞になると軽度から中度の難聴が発生します。皮膚が炎症を起こし、痛みや耳鳴り、めまいが起こることもあります。
治療の基本は、耳垢の除去です。専用の吸引機や耳用鉗子(かんし)を使用して除去します。かちかちに硬くなってしまったものには、耳垢水という液体で耳垢を柔らかくしてから洗浄や吸引を行います。


外耳炎

外耳炎とは、耳掃除などで傷ついた外耳道(耳の入り口から鼓膜)の皮膚に細菌が感染し、炎症を起こした状態です。
耳掃除をしすぎたり、プールの水などで刺激を受けると、感染を引き起こしやすくなります。別名「外耳道炎」とも言います。耳の痛みやかゆみが起こり、炎症が進むと夜も眠れないような痛みや、耳だれ、発熱することもあります。
治療としては、外耳道の消毒を行います。そのために、点耳薬や軟膏を使ったり、抗生剤を内服していただきます。痛みが強い場合は鎮痛剤を処方します。おできができていたら、切開して膿を出すこともあります。


外耳道湿疹

外耳道湿疹とは、外耳道の皮膚に湿疹ができている状態です。
耳掃除で耳の皮膚をこすってしまったことで湿疹を起こし、赤く腫れたり、強いかゆみが生じます。かゆみが気になるからとさらに耳掃除を行うと、なかなか治りにくくなります。悪化するとカビ(真菌)が繁殖して、耐えられないほどのかゆみが起こす「外耳道真菌症」になりかねません。
治療には、ステロイド外用薬を処方します。かゆみがひどい場合は、抗ヒスタミン剤などが処方されることもあります。耳掃除をするにしても、綿棒などを使わず入り口を指で軽くふき取るだけにしましょう。


外耳についてのQ&A

耳掃除はどのぐらいの頻度で行えばいい?
基本的に耳の中は触らないで下さい。見えないところを触るのは危険です。どうしても耳の入口にある耳垢が気になるようでしたら、誰かに耳垢のみをピンセットでつまんで取ってもらうようにして下さい。その時も、綿棒や耳かきは外耳道を傷つけたり耳垢を奥に押し込んでしまったりするため使用しないで下さい。自分で耳掃除をするのは危険なのでやめて下さい。耳の中はとてもデリケートなので、注意が必要です。

耳垢をとるだけで受診していいのでしょうか?
可能です。特に小さなお子様は耳の穴が小さく、耳掃除が難しいです。ご家庭での耳掃除は、お子様が急に動いた時などに外耳道や鼓膜を傷つけてしまう可能性があり危険です。大人も、取りにくい耳垢があるときは無理せず、耳鼻科を受診して下さい。

耳の中に異物が入ってしまった。どうしたらいい?
お子様で小さいおもちゃやビーズなどを耳に入れてしまうケースや、大人の方で綿棒の先や虫などが入ってしまうケースがあります。家庭で取るのは難しいですし、外耳道を傷つけてしまう可能性もありますので、ご相談下さい。

 

 

中耳の病気

急性化膿性中耳炎

耳の病気

急性化膿性中耳炎は、病原菌が中耳に入り込み、炎症を起こした状態です。

多くは風邪をひいた後などに、病原菌が耳管(耳と鼻の奥をつなぐ管)から入り込んで感染します。炎症が強くなると鼓膜は赤くなり痛み始めます。
また、中耳に膿が貯まってくると鼓膜が腫れ痛みが強くなります。ひどいと鼓膜に穴が開き、そこから膿が流れ出てきます(耳漏)。

治療は、基本的には抗生剤の内服を行います。耳漏を認めるときは丁寧に耳処置、鼓室処置を行い、点耳液を使用します。
鼻ノドの病原菌が原因なので、鼻水が汚い時やノドがいたい時は、そちらの治療も合わせて行います。

 

鼓膜チューブ挿入術

中耳炎により鼓膜の奥に貯留した液がなかなか排出しない場合や炎症が強く内耳障害を来たすような中耳炎の場合は、鼓膜に中耳と外耳をつなぐ管(鼓膜チューブ)を挿入します。鼓膜チューブは、鼓膜に留置するとても小さな管です。

鼓膜をわずかに切開して片耳または両耳に鼓膜チューブを入れます。鼓膜チューブによって痛みや難聴が起こることはほとんどありません。

鼓膜チューブ挿入術は、比較的安全で簡単な手術で術自体は5分もかからず終了します。成人の場合は、一般外来で行うことが出来ます。しっかりと麻酔をして行うため痛みはほとんどありません。お子さんの場合も患児の協力が得られれば十分外来で行えますが、難しい場合は全身麻酔をかけて行うことになります。一度挿入した鼓膜チューブはしばらくの間、挿入しておきます。その後、自然に脱落してしまう場合とそのまま、鼓膜に挿入された状態で安定している場合があります。

この場合、時機を見てチューブを抜去しますが、鼓膜にチューブが入っていた場所に穴が残ることがあります。その穴は、鼓膜穿孔閉鎖術や鼓膜形成術を行って閉鎖することになります。


中耳についてのQ&A

急性化膿性中耳炎になったらお風呂やプールはどうしたらいい?
プールやお風呂に入れるかどうかは状態によって医師が判断します。詳しくは診療時にご相談下さい。

鼓膜を切開したら、耳が聞こえなくなりませんか?
鼓膜切開によって、聴力に支障をきたすことは基本的にはありません。切開にて中耳に溜まった水を取り除くため、通常は聞こえが良くなります。ただし、難治性の中耳炎の場合、何度も切開を繰り返すことにより鼓膜が不可逆的な変化をきたし、難聴になることがあります。切開の必要性があるかどうかは医師の判断によります。

中耳炎を繰り返すと耳の聞こえが悪くなるって本当ですか?
小さいお子様は中耳炎を何度も繰り返すことがありますが、適切な治療できちんと治せば難聴が生じることはありません。耳の痛みを訴えなくなったからといって治療を途中でやめると、中耳炎が慢性化し難聴の原因となります。完治するまで治療しましょう。


内耳の病気

メニエール病

耳の病気

メニエール病の診断基準は、めまいを繰り返すことと、それに蝸牛症状(難聴・耳鳴・聴覚過敏)の悪化を伴うものとされています。
内耳はリンパ液に満たされていますが、何らかの原因で内リンパ液が増加し、内リンパ水腫を起こすと、めまいや聴覚の神経細胞が刺激され、めまいや難聴、耳鳴などの症状を起こします。前ぶれなく突然、回転性のめまいで発症することが多く、朝、目が覚めるとぐるぐる回っていて起き上がれないようなことがあります。発作を繰り返すうちに、難聴や耳鳴が進行する場合があります。

メニエール病は若干女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半にピークがあるとされています。ストレスや睡眠不足、疲れなどが内リンパ水腫の原因一つとされています。

治療は、内耳の循環改善剤や利尿薬が主体でそれにビタミン剤や場合によってはステロイド薬、安定剤の内服を併用します。吐き気が強いときは制吐剤を、めまい発作が激しいときは点滴や注射を行い、安静をとります。

 

内耳についてのQ&A

めまいがするようになりました。耳鼻科を受診するだけでよいですか?
めまいはどの科目で診てもらったらいいか迷う症状のひとつです。耳からくるめまい(内耳性めまい)であれば耳鼻科の領域ですが、手足のしびれや麻痺、ろれつが回らない上手く呑み込めない、激しい頭痛がするなどの症状があれば頭からくるめまい(中枢性めまい)である可能性があるため、頭を詳しく調べることのできる設備(MRI)がある医療機関を初めに受診していただくのがよいでしょう。
とは言え、自分のめまいが、内耳性めまいなのか中枢性めまいなのか、判断は難しいかもしれません。まずは当院までご相談いただき、診察した上で必要であれば適切な医療機関をご紹介いたします。

年のせいか、人と話していて聞き返すことが多くなりました。これって難聴ですか?
加齢に伴い、聴力が落ちてくると相手の話を聞き分ける能力が低下します。テレビの音や話し声が大きくなってきた場合は難聴の可能性があります。自分では気付かないこともあります。家族や身近にいる人が気にかけてあげることが大切です。難聴もひどくなれば、補聴器で聴力を補うことも可能です。ときに難聴を訴えて受診した患者様の中には、単に耳垢がつまっているだけの方や中耳炎の方もいます。耳垢を除去したり、中耳炎を治すことにより難聴が改善します。まずは耳鼻咽喉科医師による診察をおすすめします。

補聴器を使うべきか悩んでいます。どうなったら使用を始めるべきですか?
これぐらいという具体的な目安はありませんが、聞こえないことで生活に支障が出る場合は使用を考えても良いでしょう。その点はメガネと似ているかもしれません。その方の状態にあった補聴器でないと役に立ちません。当院の医師は補聴器相談医に認定されています。詳しくは診療時にご相談下さい。


pagetop